ソフィアよりおすすめ!ブルガリアで一番かわいい町【プロブディフ】観光(ブルガリア2016#6)

◆ブルガリアで一番かわいい【プロヴディフ】の町並み
b0141240_17142685.jpg
ブルガリアの「プロヴディフ」という町、UKOARAはこの旅で初めて知ったのですが、なんで今まで話題にならなかったんだろう?ってくらいかわいらしい町なのです。もう、ブルガリアNo.1って言い切っちゃいます。
たびねすでもご紹介していますが、魅力を伝えきれないのでここででわんさかご紹介します。

プロヴディフはブルガリアの首都ソフィアからバスで2時間。古いお屋敷が立ち並ぶ旧市街が魅力的な町です。
毎年5月と9月には国際見本市も開催されていて、世界中からバイヤーが集まることでも有名なんだそうです。

サーモンピンクのお屋敷は1848年に建てられたゲオルギアディの家。
現在は「ブルガリア民族博物館」として利用されています。
そのすぐ横には「ヒサル・カピヤ(要塞門)」があります。紀元前4世紀に建てられました。
b0141240_00094948.jpg
独特の色使いと左右非対称のお屋敷は他のヨーロッパの国では見たことがなく、ものすごくワクワクします。
b0141240_00062899.jpg
b0141240_17150638.jpg
町全体が博物館のようでカメラを持つ手が休まらない!街歩きが本当に楽しいよ。
b0141240_00093027.jpg
b0141240_00093429.jpg
お屋敷をそのまま利用したB&Bやレストラン、お土産店も並んでいます。
b0141240_00270875.jpg
こちらのベージュ色の建物は元々薬局でした。
b0141240_00080187.jpg
1830年に建てられた「ラマルティーヌ博物館」
b0141240_00255516.jpg
b0141240_00261616.jpg

◆お屋敷に潜入できる!「地域民族博物館」
b0141240_00045553.jpg
こんなにステキなお屋敷の中も覗いてみたい!という願いを叶えてくれるのが「地域民族博物館」
1847年に建てられたお屋敷です。中央の広間の木彫の天井の立派なこと!

青い部屋はシティスタイルのリビング。
b0141240_00055321.jpg

こちらは田舎スタイルのリビング。
b0141240_00060847.jpg

壁には大きなイコンが飾られています。
b0141240_00253665.jpg
そして、この部屋居心地良さそう。かわいい。
こうやって昔の生活を見ていくと、ブルガリアはもともとは日本と同じ床生活だったということがわかります。
b0141240_00253215.jpg
民族衣装も沢山飾られています。
これはなまはげ的な「クケリ」
b0141240_00283209.jpg
大きな機織り機。
b0141240_00254094.jpg
中には民族衣装やラグも販売していました。
b0141240_00254422.jpg
b0141240_17171149.jpg
そんな民族衣装を着て写真が撮れるフォトスタジオもあります。
時間がなくてできなかったけど、本当はやりたかった!
b0141240_00255129.jpg
こちらはブルガリアの伝統的な陶器「トロヤン焼き」工房。
b0141240_00093765.jpg
トロヤン焼きは粘土から作られる陶器で資格を持った人しか作ることができません。
b0141240_00042512.jpg
孔雀の羽のような柄のぽってりしたフォルムが特徴。
b0141240_00094307.jpg
わりと軽いのでお土産にするのもおすすめ。
UKOARAも別の場所でマグカップ(6Lv=360円!!!)を買いました。
b0141240_00094010.jpg
◆現役のローマ劇場
b0141240_17181696.jpg
こちらはローマ時代に建てられた「ローマ劇場」。遠くにはロドピ山脈も見えます。ロケーション最高~。
この5000人を収容できる劇場は今でもオペラやコンサートなどを開催しています。それってすごいこと!

そして、ブルガリアのいいところは観光客がいない!!この日もほぼ貸し切り状態でした。わーい。
こんな体験イタリアやギリシャじゃ絶対にできないと思うのでほんとブルガリアいいわー。
b0141240_17182246.jpg
プロブディフは地域猫も沢山いました。猫好きには嬉しい町。
b0141240_00255928.jpg
b0141240_00094695.jpg
b0141240_00262039.jpg
待ち合わせのメッカは「ジュマヤ・ジャーミヤ」
新市街と旧市街の境目にあるモスクです。
b0141240_00260487.jpg
日時計もあるよ。
b0141240_00260793.jpg

◆新市街も歩きたい!これぞヨーロッパの町並み
b0141240_00080707.jpg
新市街は女の子が好きそうなパステルカラーの建物が並びます。旧市街に負けず劣らずワクワクしちゃう。
カフェやショップが並び、ザ・観光地の雰囲気です。
首都のソフィアはまだ旧共産党の国という空気を感じましたが、プロヴディフは観光で成功していることもあって、民主化が進んでいると思いました。
b0141240_00261002.jpg
マック(読めない!)もあるよ。
b0141240_00261387.jpg

◆夕焼けスポット「ネベットテペの遺跡」
b0141240_00262597.jpg
夕方に訪れたいのが旧市街の丘にある「ネベット・テペの遺跡」
遺跡がゴロゴロ転がってます。出入りは自由でみんなの憩いの場です。
b0141240_00081623.jpg
夕焼けスポットで日没の時間には人が集まります。
ゆきんこちゃんがステキな写真を撮ってくれた!嬉しい。
b0141240_17201040.jpg
b0141240_00081235.jpg
なんだか時間がゆったりしている国なのです。
b0141240_00082085.jpg
夜は自由公園へ。
噴水のライトアップやカフェも夜遅くまで賑わってて夜のお散歩にもちょうどいい。
b0141240_17203375.jpg
日本人にほぼ知られてないであろう、こんな素敵な町を眠らせておくのはもったいない。
ブルガリアへ行くならソフィア、リラ、プロブディフはマストです。

ブルガリア記事まとめ読みはコチラ
※ブルガリア共和国観光省×たびねす主催FAMツアーに招待いただきました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

地球の歩き方(A 28(2015〜2016年) [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2016/9/17時点)



トラックバックURL : https://nyacchi.exblog.jp/tb/26202458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2016-09-17 23:19 | ブルガリア(2016) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在25カ国。量より質重視。)。ブログはUKOARA.comへ引っ越ししました。


by UKOARA(ゆーこあら)