7月の信州・栂池自然園トレッキング&ビジターセンター体験記

◆栂池自然園を歩こう
b0141240_15132341.jpg
7月に訪れた信州小谷(おたり)村プレスツアー、2日目は妙高戸隠連山国立公園内、栂池自然園をトレッキングしてきたよ。

栂池自然園てこちら↓


b0141240_21151241.jpg
栂池自然園は標高1900m~2000mに広がる高層湿原。30分から4時間で周れるルートがあり、体力にあわせて歩くことができます(入園料300円)。殆どがボードウォークで歩きやすく一番手前のミズバショウ湿原(1周30分)はバリアフリーで車イスもOK。
6月下旬から7月上旬のミズバショウは本州で一番遅咲きなんだとか!今回は全員で一番長い5.5km(約4時間)のコースに挑戦。赤い屋根がかわいい旧栂池ヒュッテがスタート地点。それでは出発!


スタートしてすぐの川にはイワナがいるよ。
b0141240_15193175.jpg
こんな感じで平らな道が殆どなので普段運動しないという人でも大丈夫。北アルプスを眺めながら歩きます。
b0141240_15152539.jpg

7月上旬に見られるミズバショウ。
b0141240_15154061.jpg
春の山草コゴミ(クサソテツ)。
b0141240_15154892.jpg
これなんだろ。
b0141240_15160020.jpg

この辺りから残雪が登場。木が斜めってる。
b0141240_15160790.jpg
階段を降ります。
b0141240_15163401.jpg

あっ、登場させる子間違えた。
b0141240_15164113.jpg
気づかなかったのだけど、このあたりにトイレがあって、これより奥にはありません。
b0141240_15165922.jpg
川を渡ると残雪の上を進みます。つるつる滑るので足元注意。
b0141240_15171426.jpg

湧き水を飲むわんぱく氏とayaちゃんの視線。
b0141240_15172160.jpg
ここを過ぎると階段になってて階段も雪解け水が流れています。
b0141240_15173529.jpg
赤い屋根の旧栂池ヒュッテがすごく遠くになっていた。見えるかな?
b0141240_15175454.jpg
浮島湿原に到着。ここはすごく水がきれいだね。
b0141240_15180083.jpg
くねくね伸びるオオシラビソ。
このあたりはWi-Fiスポットになっているんだとか。まるでエストニアみたい!
b0141240_15180649.jpg
b0141240_15181420.jpg
浮島湿原を過ぎるとややハードな上りになります。ややハードです。頑張りたくない人はここで引き返したほうが良いです。それでも道はほぼ舗装されているので歩きやすいです。
b0141240_15182423.jpg
汗だくだくになりながら標高2010mの展望湿原に到着~。ふぅ。
白馬大雪渓や北アルプスが美しい!
b0141240_15184020.jpg
ここもWi-Fiスポット。みんなSNS投稿中!
やってないのはUKOARAと散歩ぽさんだけかも。
b0141240_15184667.jpg

帰りはずっとくだりなのでらくちん。
b0141240_15185614.jpg
b0141240_15190229.jpg
やっぱり水のある絵がきれい。
b0141240_15190835.jpg

ここは風穴。ひんやりした空気が岩の間から吹き出しています。
b0141240_15191205.jpg

翌朝の散歩風景。のどかー。
b0141240_15194731.jpg
ちなみに7月上旬の栂池自然園トレッキングの服装は半袖Tシャツ1枚とドライパンツ1枚で大丈夫でした。(涼しくなったらレインジャケットを羽織ったよ。)靴は防水のトレッキングシューズがおすすめ。

◆栂池ビジターセンターで遊ぼう
b0141240_20201800.jpg
栂池ヒュッテのすぐ隣にあるのが2017年7月にリニューアルしたばかりの栂池ビジターセンター。こちらで栂池自然園の入場料を支払います。

中に入るとイタリア製の暖炉。
b0141240_20202465.jpg
b0141240_20205313.jpg
ここで使われている木材は2014年11月22日に発生した神城断層地震で被害を受けた家屋から提供された古材です。
b0141240_20203947.jpg
スタッフの制服もマムート。なんだかおしゃれなビジターセンターですな。
b0141240_20203359.jpg
中にはモニターがいっぱい。
b0141240_20210253.jpg
タッチしながら栂池自然園について学べます。
b0141240_20210829.jpg

その奥には合成フォトスポットがあって、天候が悪くても晴れた栂池自然園や星空の下での記念写真が撮れちゃうよ。ここかなりおもしろい。
b0141240_20234363.jpg

その奥にはボルダリングコーナー。
ここもすごくたのしい!!みんなで壁を登ったよ。
b0141240_20215063.jpg
b0141240_20215649.jpg
ボルダリング初挑戦のUKOARAは普通ににはまってしまい、東京のボルダリングジムに通い始めてしまった。
b0141240_20214210.jpg

スラックラインも楽しめます。
b0141240_20212977.jpg
多目的スペース&ライブラリーもあってここは飲食物持ち込みもOK。
給茶機も用意されています。
b0141240_21094691.jpg
もちろん晴れているほうがいいけど、天気が悪くてもがっかりさせない工夫がたくさん。
穴場情報としては、6月下~7月と紅葉の秋は人が多く、8月後半が意外にも空いているそうですよ。星を見に行くのもおすすめ!

長野県北安曇郡小谷村千国乙12883-1

※今回のプレスツアーはおたり振興公社さんに招待いただきました。
SpecialThanks:一般社団法人プレスマンユニオン/おたり振興公社


トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/27052184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-08-15 23:49 | 長野 | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)