信州小谷(おたり)村ってどこ?「道の駅小谷」で楽しむグルメと温泉

◆「道の駅小谷(おたり)」にやってきた
b0141240_23393269.jpg
7月の初めに訪れた長野県小谷村。「おたり」と読みます。今回はおたり振興公社さんプレゼンツのプレスツアーに参加してきました。

その前に小谷村の位置を。新潟県に食い込んでいるこのあたり。白馬の近くです。


朝、新宿を出発して、お昼にやってきたのは「道の駅小谷(おたり)」
なかなかきれいめの道の駅です。ここはお買い物の他に、食事と温泉が楽しめます。
b0141240_23395700.jpg

信州の道の駅らしくイノシシ&鹿のジビエ缶。(UKOARAvsジビエの葛藤はこの辺に書いています。)
b0141240_23405538.jpg

かわいらしい天然水。
b0141240_23410642.jpg

地酒の試飲も発見!これおいしかったー。
b0141240_19080745.jpg


1杯しか飲んでないよ!
そして、手作りのねこつぐら。かわいいな、ほしいなー。
b0141240_23411867.jpg

小谷ぼろ織りのショルダーバッグを買ったayaちゃんとゆきえさん。
b0141240_14162578.jpg


◆羽釜のごはんが絶品の食事処「鬼の厨」
b0141240_23413857.jpg
さて、お昼ごはんは道の駅内「鬼の厨」にて。
こちらでは小谷産の食材を使った料理が楽しめます。
b0141240_23415637.jpg
お酒様が並ぶ素敵なパーテーション。
b0141240_23422192.jpg

その裏にはお漬物ブッフェがあるよ。なんと無料。
b0141240_23424033.jpg

そして振り返ると羽釜が並んでる。これはごはんが楽しみだな。
b0141240_23420950.jpg
炊けたよー。
b0141240_23422987.jpg

小谷産野豚の温玉カツ丼(1,100円)は温玉をとろりとカツの上に乗せます。カツ丼温玉スタイルは初めてで戸惑いを隠せなかった。
b0141240_23460220.jpg
b0141240_23460985.jpg

ごはんの美味しさをシンプルに味わうなら信州産玉子かけご飯セット。ややお高めの760円。
b0141240_23461583.jpg
こちらでは手打ち蕎麦(もちろん小谷産)も食べられます。

デザートはさるなしソフト。
小谷村イチオシのさるなしは小さいキウイのようなフルーツで味は青りんごのようなさわやか&さっぱり味です。
b0141240_23462359.jpg

◆500円以上の食事で半額になっちゃう「深山の湯」

b0141240_23464114.jpg
そして、温泉もある道の駅小谷。登山やキャンプの帰りに寄れるのがありがたい。こちらは500円以上の食事をすると「深山の湯」の入浴料が半額の330円になるので食事も温泉も楽しんでね。1日に何回入ってもOK。炭酸水塩泉デス。
b0141240_23471394.jpg
ちょっと立ち寄るだけではもったいない、食事も温泉もお買い物も楽しみたい道の駅です。
住所:長野県北安曇郡小谷村北小谷1861-1
営業時間:
売店・温泉 10:00~21:00(温泉最終受付20:30)
鬼の厨 11:00~19:00(ラストオーダー18:30)


SpecialThanks:一般社団法人プレスマンユニオン/おたり振興公社

トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/27032449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-08-05 23:16 | 長野 | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)