負の遺産「戦場にかける橋」カンチャナブリで平和について考える

◆カンチャナブリ1Dayトリップのススメ
b0141240_16345754.jpg
タイ国政府観光庁&タイ国際航空プレゼンツメディアツアー3日目。
この日は3つの選択肢がありました。1.バンコク市内観光 2.バンコクウォーキングツアー そして3.カンチャナブリ観光。バンコクの寺院は行ったことあるし、暑い日中のウォーキングもきついな、と消去法で選んだカンチャナブリ。カンチャナブリって聞いたこともなく、全然知らなかったのです。

前もって調べてみると映画『戦場にかける橋』の舞台。ふむふむ、ちょっと真面目&重たい系ですかね。
東京から参加した8名のブロガーのうちカンチャナブリツアーの参加者はUKOARAととくとみさんと大帝オレさんの3名のみ。

バンコクからカンチャナブリへはバスで片道約3時間。1日がかりの観光になります。



◆JEATH戦争博物館
b0141240_16351284.jpg
まず最初にやってきたのはカンチャナブリ戦争博物館(JEATHミュージアム)
死の鉄道とも言われる泰緬鉄道は第二次世界大戦中の日本軍にとっての輸送路。同盟国タイからビルマへ415kmにわたる難工事に3万人以上の捕虜兵士と10万人以上のアジア強制労働者が投入され、そのほとんどが死亡した、日本にとっての負の遺産。
JEATHもDEATHをもじってJapanのJを頭文字にしたものなのです。

ワタクシ、知らなかったのです、この事実。学校で習ったっけ?(世界史の授業は寝てたんだよネ...。)
b0141240_16385539.jpg
b0141240_16413051.jpg
そう、ここでは日本人は「なんだかすみません。」という気持ちになるのです。でも実際にここで何があったかを学ぶこと、知ることは大事。中に入っていきましょう。
b0141240_16355760.jpg

この竹作りの小屋は当時の捕虜の住居を復元したもの。
日本人による拷問の様子のスケッチなどもあって「むむぅ。」ってなっちゃう。以前は写真でもっとリアルだったらしいです。
※中の撮影は禁止
b0141240_16361232.jpg
他の部屋では当時使われていた武器や遺品が展示されています。
b0141240_16363969.jpg

”FORGIVE BUT NOT FORGET”です。
b0141240_16382125.jpg
部屋の外に出れば静かな世界。現代に戻ってきた感。ぼんやりと平和。
日本だけにいると加害者側の立場で戦争を感じることが無いから、これは貴重な体験。でも複雑な気持ちになっちゃうなぁ。
b0141240_16383525.jpg
住所:Ban Tai Muang Kanchanaburi, Kanchanaburi 71000
OPEN:8:30~17:00
料金:50B


b0141240_23331839.jpg
途中には6982人の眠る連合軍戦没者共同墓地があり、次にやってきたのは戦没者慰霊塔。日本人だけのものではなく全ての戦没者のためのものです。
b0141240_16414519.jpg
お線香をあげ両手を合わせます。
b0141240_16415764.jpg
b0141240_21203282.jpg

その隣にあるのが当時走っていた蒸気機関車。中に入ってもOK。
すでに気持ちがちょっと重くなってしまったゆーこあら。でも、平和ボケしてるゆーこあらにはこれくらいがいい。
b0141240_21212739.jpg

◆クウェー川鉄橋と泰緬鉄道
b0141240_21210945.jpg
次にやってきたのが「クウェー川鉄橋」(=戦場にかける橋 ですな。)。この全長300mのクウェー川鉄橋は今でも鉄道が走るのだけど、それ以外の時間は人が歩いてOK。

人気の観光スポットだけど、いろいろ見てきた後だと、特に日本人は他の国の観光客みたいに単純にウェーイって楽しめないのがあれです。
b0141240_21215264.jpg

バンコクから3時間かけてやってきたカンチャナブリー。素直には楽しめない複雑な気持ちで観光。 #LoveThailand #AmazingThailand #globalWiFi #グローバルWiFi #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



そして、この橋のすぐ近くにあるクウェー川鉄橋駅から泰緬鉄道に乗り込みます。
b0141240_21221079.jpg
停車時間が短いので急いで乗り込んでー!
この辺りからやっと観光っぽいー!たのしー!と盛り上がってきます。
b0141240_21222638.jpg


先ほどのクウェー川鉄橋に取り残されちゃった人はこのでっぱりに逃げ込みます。逃げ遅れたのに楽しそうー。
b0141240_21230665.jpg

鉄道で橋を渡った。楽しくて隣の駅までの30分があっという間だった🚃。#LoveThailand #AmazingThailand #train #鉄道 #globalWiFi #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

こんなにレトロな鉄道に乗るのは初めて、わくわくする!!座席は指定席です。
でも鉄道に乗ったら凄く楽しかったのだよイェー。#LoveThailand #AmazingThailand #globalWiFi #グローバルWiFi #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

すぐにお水とおしぼりが配られます。
b0141240_21224778.jpg
帽子屋さんやポストカード屋さんもやってきます。
b0141240_21225767.jpg

関西のGoProインスタグラマーNobuuu君はこんな感じで撮っていたよ。そう、この鉄道ドアがないのね。開放的!
b0141240_21231635.jpg


じっとしていられないUKOARAもドアの無いスリルを楽しんでおりました。


1駅30分の鉄道旅はあっという間に終了。
ホームはあるんだけどホームじゃなくて直接線路に降ります。

b0141240_21232716.jpg
そして先を行く旅人を見送ります。
泰緬鉄道は1日3本、この先にもウォーターアクテビティなど観光スポットが沢山あるのでカンチャナブリに1泊するのもよさそう。カンチャナブリには安宿から高級リゾートまでありますヨ。
b0141240_21233940.jpg

◆クウェー川鉄橋を見ながらランチ「ザ・フローティングレストラン」
b0141240_21243257.jpg
今回のツアーではバスでクウェー川鉄橋まで戻り、そのすぐ下にあるフローティングレストランでランチです。(日帰りツアーだとこのコースが定番なのでしょう。)
b0141240_21241466.jpg
看板娘がかわいい!!
b0141240_21242381.jpg

さて、こんな感じで鉄橋を見ながら食事ができます。水辺だけど、まあ、暑いのよ。
b0141240_21254591.jpg
ランチは豪華タイ料理ブッフェ。
カレーも麺もお肉もなんでもあります。ここ美味しいデス。
b0141240_21251433.jpg
ココナッツ系のスイーツも好みの味。
b0141240_21253126.jpg
グラスは鉄橋のロゴだよ。
b0141240_21253855.jpg
川には魚が沢山いて魚のエサまで売っているけど、お客さんの残したものを全部川に捨てて魚にあげちゃってるのはタイっぽくて良かった。このお店はトイレにトイレットペーパーもあるので安心安心(地方だとほぼ無いと思っていたほうが良い)。
b0141240_21255719.jpg

こんな感じで最初は重いなと思ってたカンチャナブリツアーも結局楽しめました。平和について考えるきっかけになるし、鉄道はすごく良い体験。大人になってから来ることができて良かった!

個人で行くならカンチャナブリ1泊したほうが良くて、日帰りなら現地ツアーがおすすめです。
今回のルート↓




Special Thanks:
(今回のツアーの交通費・宿泊費・食費・現地のアクティビティ等を負担いただいています。※フリータイムを除く)
(WiFiルーターとTHETAをレンタル提供いただき現地からリアルタイム発信をしていました。)



[PR]
トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26996247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-07-18 23:45 | タイFAMトリップ(2017) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)