23年ぶりの世界遺産「アユタヤ」観光と極上川エビ体験

◆バンコクから1時間半「古都・アユタヤ」1Dayトリップ
b0141240_23544477.jpg
日タイ修好130周年プレストリップ2日目はバンコクから車で1時間半の場所にある古都「アユタヤ」観光です。UKOARA、アユタヤは2回目、実に23年ぶり!!もう、覚えているようないないような...覚えてないっ。

アユタヤは1350年から1767年にビルマ軍に占領されるまでの417年に渡り繁栄した王朝かつ東南アジア最大の交易地。日本人村もあったほどです。1991年に世界遺産に登録されました。




◆押さえておきたい3つの世界遺産
b0141240_23543503.jpg
さて、まずやってきたのは「ワット・チャイ・ワッターナーラーム」。ここは敷地が広くて見ごたえがあります。
遠足か修学旅行の学生さんもチラホラ。いやー、とにかく日差しが強いのよ。
b0141240_23553756.jpg
沢山あったはずの仏像は破壊されています。
b0141240_23554317.jpg
b0141240_23550186.jpg
b0141240_23555656.jpg

スコータイ様式の仏塔。
b0141240_23560452.jpg

こんな感じでとても保存状態が良い遺跡です。
サマンサ麻里子ちゃんとYoutuberアキラ氏もいるでよ。
世界遺産アユタヤのワットチャイワッタナラーム遺産でイェー。#LoveThailand #amazingThailand #Thailand #タイあついー #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


このあたりの頭部があるものは復元されたものだそう。特に違和感無し。
b0141240_23552846.jpg
b0141240_23561261.jpg
20分くらいしかいなかったけど暑くて汗が止まらないので、日傘があるとよいです。夜はライトアップもしてます。
b0141240_23545193.jpg


次にやってきたのは「ワット・プラ・マハタート」
こちらは破壊がひどく見所が少ないと感じてしまうかも。
b0141240_23562597.jpg
それでも有名なのはこの菩提樹に包まれる仏頭。記念撮影をする時は自分の頭が仏頭より高くならないように気をつけましょう。

グローバルWiFiルーターでその場でSNS投稿もしてたんだよー。
後ろの仏塔はとうもろこし型のクメール様式。
b0141240_23563401.jpg

ここは木が多くて少しは涼しいんだけど、冷たいものに誘われてアイスキャンディーを購入(30バーツ/割と高いよ!)。アイスが溶けても手が汚れない紙コップ的なものはナイスアイディア。
b0141240_23564200.jpg

3つ目の遺跡は「ワット・プラ・シー・サンペット」。高さ40m、とんがりが特徴のスリランカ様式の仏塔が3つ並んでいます。かつてこの後ろには巨大な仏塔があったそうです。犬も行き倒れる暑さよ。
b0141240_23570088.jpg
このあたりはエレファントライドもできます。
b0141240_23571020.jpg

最後にやってきたのは「日本人村」
16世紀後半から17世紀初頭には日本人が3000人もいたというアユタヤ。こちらはアユタヤの発展がわかる資料館です。
b0141240_23572891.jpg
b0141240_23573472.jpg
中には日本庭園があります。
b0141240_23574840.jpg
当時のアユタヤの繁栄振りや生活がわかる展示物とか、映像とか。
b0141240_23575522.jpg
b0141240_23580942.jpg

ポルトガル村に住んでいた日本人とポルトガル人の混血のマリーさんは王宮のお菓子部長。
b0141240_23581759.jpg
今でもタイで食べられているポルトガルのお菓子、フォーイトーン、トーンイップ(かな?)。甘~い卵の黄身を使ったほんのりキンモクセイの香りがするお菓子。日本のお団子?的なノリでコンビニでも買えます。
b0141240_23582376.jpg

◆アユタヤ名物極上テナガ川エビを食べよう「クルンスリーリバーホテル」
b0141240_23585518.jpg
ランチでやってきたのは「クルンスリーリバーホテル」のレストラン。ホテルのレストランだけあって高級感あり。
b0141240_23590461.jpg
ここで食べたいのはアユタヤ名物「テナガ川エビ」。
豪華!!これ1人前です。
b0141240_23591416.jpg
身はやわらかくてプリップリ、シルキーで上品。味噌をつけると一層美味しい。海のエビと違って磯臭くないので甲殻類の味噌が苦手な人も全然イケると思います。ていうか、このサイズが川に沢山いるのか。すごいな。これは絶対食べたほうが良いです。
b0141240_23592225.jpg
この日のコースはスープ、野菜炒め、チャーハンなど。
お腹いっぱーい。
b0141240_23593003.jpg
デザートは銀杏ミルク(お汁粉)。あまい...。
b0141240_23593972.jpg

アユタヤへはバスや電車でもいけるけど、ビギナーには現地ツアーがおすすめです。
今回の観光ルート↓



【ワット・チャイ・ワッタナーラーム】
OPEN:8:00~17:00
入場料:50バーツ
【ワット・プラ・マハタート】
OPEN:8:00~18:00
入場料:50バーツ
【ワット・プラ・シー・サンペット】
OPEN:7:00~18:00
入場料:50バーツ
クルンスリーリバーホテル
住所:27/2 Moo 11 Rojchana Rd., Kamang, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000 タイ

Special Thanks:
(今回のツアーの交通費・宿泊費・食費・現地のアクティビティ等を負担いただいています。※フリータイムを除く)
(WiFiルーターとTHETAをレンタル提供いただき現地からリアルタイム発信をしていました。)



[PR]
トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26992636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-07-16 21:22 | タイFAMトリップ(2017) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)