定番「ソンブーン」のプーパッポンカリー&アジアティークへ繰り出そうinバンコク

◆タイで絶対に食べたい「ソンブーン」のプーパッポンカリー
b0141240_22400619.jpg

日タイ修好130周年プレストリップ1日目、バンコク・スワンナプーム空港から直で向かったのは今夜のディナー会場「ソンブーン シーフード」
タイグルメの代表「プーパッポンカリー」の発祥のお店です。
b0141240_22401788.jpg
実はUKOARA、前回2014年に来たときにソンブーンのプーパッポンカリーを食べそびれていまして今回とても楽しみだったのです。
まずはシンハーでカンパーイ。うまーー。
b0141240_22402733.jpg

さて、こちらがお店一番人気の元祖プーパッポンカリー
プーパッポンカリーとは蟹と卵とイエローカレーの炒め物で、まろやかでみんな大好きな味です。通常は白いご飯と一緒にいただきます。プーパッポンカリーといえばソンブーン、ソンブーンといえばプーパッポンカリー。
そう、アロイーー!!(おいしいーー!!)のです。
b0141240_22405799.jpg
ソンブーンはタイ×中華シーフードのお店。
大人数なら中華料理らしく丸テーブルをクルクル回すスタイルになります。基本的に辛いものは少ないので辛いものが苦手な方やタイ料理初心者にもおすすめ。


ブラックタイガーの塩茹で。
b0141240_22404826.jpg
海老のすり身の揚げ物に薄味のチャーハン。
b0141240_22411470.jpg
デザートのフルーツまで食べてお腹いっぱい。
プーパッポンカリーを食べられるお店は数あれど、とりあえずソンブーンを基準にすると良いですよー。

ソンブーン・シーフード
住所:169/7 Thanon Surawong, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500 タイ
営業時間:16:00~23:30




◆話題のナイトマーケット「アジアティーク」が楽しい!
b0141240_22415675.jpg
お腹がいっぱいになったので次はショッピング!ということでやってきたのは「アジアティーク・ザ・リバーフロント」。2012年にオープンした話題のナイトマーケットです。(2017年現在は入り口には故プミポン国王の写真がありました。)

アジアティークは基本17時~23時営業のナイトスポット。小ギレイで雰囲気としては日本のアウトレット的な感じ。レストランやタイのお土産屋さんが所狭しと並んでいます。

ゆーこあらもいざ!
b0141240_22422439.jpg
なーんとムエタイも見れちゃうのです。
b0141240_22423300.jpg

大きな観覧車やおしゃれなレストランがあったりとかなり近代的。タイのごちゃごちゃ感を感じたいけど本当にごちゃごちゃしてるのは嫌。という人には激しくおすすめ。
b0141240_22425429.jpg

リバーフロントというだけあってチャオプラヤー川にもすぐ出れます。サントーン船着場から無料のシャトルボートで10分で来ることも可能。
b0141240_22430466.jpg
とにかく沢山のお店があって歩いているだけでたのしい!!
b0141240_22434373.jpg
b0141240_22440234.jpg
かわいいピアス発見!2つで100バーツ(約330円)。
これは即買い。
b0141240_22435436.jpg

飛ぶように売れていたのがツバメの巣ドリンク。味はジャスミン風味。お肌がプルプルになっちゃうかも?
b0141240_22450808.jpg
b0141240_22451691.jpg

そして人気のマンゴータンゴもあったよ。
b0141240_22441890.jpg
本物のマンゴーのシャンデリア。
b0141240_22445223.jpg

これでもかというくらいマンゴーが入ったタピオカミルクのマンゴーアロハ(85B/約280円)と濃厚マンゴースムージーのマンゴースゥイング(70B/約230円)。
b0141240_22443355.jpg
うわっはー、嬉しいねー。
これはいくらでもお腹に入っていく。お値段も安いしマンゴー好きにはたまらんっ。
b0141240_22444154.jpg
オリジナルグッズもかわいいよ。
b0141240_22442534.jpg
b0141240_22424332.jpg
見所が多いので時間があればオープンから遊びたい場所。グルメもショッピングもバンコクのいいとこ取りで揃っているので、お土産を買う時間があまり無いという人にもおすすめのナイトスポット。バンコク旅ではマストゴー!です。

住所:2194 Charoen Krung Rd, Khwaeng Wat Phraya Krai, Khet Bang Kho Laem, Krung Thep Maha Nakhon 10120 タイ
営業時間:17:00~23:00(店舗により異なる)
アクセス:BTSサパーンタクシン駅からサントーン船着場へ。無料シャトルで10分。(タクシーでもいいけど渋滞にはまるのでおすすめしません。)


Special Thanks:
(今回のツアーの交通費・宿泊費・食費・現地のアクティビティ等を負担いただいています。※フリータイムを除く)
(WiFiルーターとTHETAをレンタル提供いただき現地からリアルタイム発信をしていました。)



トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26981049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-07-10 23:34 | タイFAMトリップ(2017) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)