チーズと世界遺産がオモロー!チェコ「オロモウツ」の歩き方

◆オモロじゃないよ【オロモウツ】
b0141240_20471925.jpg
チェコ旅5日目に訪れたのはオロモウツ。オモローじゃなくてオロモです。オロモウツはチーズと世界遺産の街。アクセスはチェコ第2の都市ブルノからバスで1時間ほどです。
食いしん坊な皆さんのためにオロモウツチーズからご紹介します。

オロモウツってこのへん↓



◆ラブリーなチーズが沢山!オロモウツチーズのお店「TVARUZKOVA CUKRARNA(トヴァルーシュコヴァー・ツックラールナ)」
b0141240_20473398.jpg
オロモウツはオロモウツトヴァルーシュキというチーズで有名な町。
フランスのシャンパーニュ地方のシャンパンなどAOC(原産地管理呼称)と同じくオロモウツのロシュチツェで生産されたチーズのみがオロモウツトヴァルーシュキを名乗ることができます。昔はお金の代わりに使われていたとも。
この見過ごしてしまいそうな入り口「TVARUZKOVA CUKRARNA(トヴァルーシュコヴァー・ツックラールナ)」が今回訪れるチーズ屋さんです。
b0141240_20474179.jpg
ショーケースをのぞくとまるでケーキみたいなチーズが並びます。
これはかわいい!全部甘いのかしら。
b0141240_20475218.jpg
今回いただいたのがこの3つ。
b0141240_20480204.jpg
一番オロモウツチーズをシンプルに楽しめるタイプはこちら。
匂い(クセ)が強いと聞いていたのだけど、全然そんなことはなく、あっさり食べられちゃう。塩気が強いセミソフトタイプ。お酒が欲しくなる。そして嬉しいことに低脂肪。
b0141240_20481153.jpg

UKOARA一番のおすすめはこちら、デニッシュ系パン生地の中にたっぷりのザワークラウトとチーズとハム。ザワークラウトってサンドイッチにするのアリなんだ。これおいしい!!
b0141240_20483563.jpg

見た目がラブリーなスイーツ風なこちらもなんとがっつりチーズ。全然スイーツじゃなくてニンニク風味ののんべぇ向けクリームチーズでした。
b0141240_20020140.jpg
店内はテーブル席があるのでゆっくりチーズを楽しめます。
オリジナルトートバッグもあってお土産におすすめ。(モチロン購入したよ。)チーズ好きには激しくオススメです。
b0141240_20484390.jpg
住所:Komenského 325,789 83 Loštice,Olomouc

◆これが世界遺産だ「聖三位一体柱」
b0141240_20532208.jpg
チェコには12個の世界遺産があります。今回のチェコ旅で訪れたのはプラハ歴史地区リトミシュル城、そして3つ目が今回訪れるオロモウツ「聖三位一体柱(せいさんみいったいのはしら)」

オロモウツ旧市街の中心にあるのがホルニー広場、その隣にあるのがドルニー広場。2つの広場には合計5つの噴水2つの柱があります。多いな。

上の写真がドルニー広場の「聖母マリア柱」。ペストの犠牲者を悼んで立てられたもの。そこから歩いて1分ほどでホルニー広場に出ます。
ホルニー広場の「ユリアス・シーザー(カエサル)の噴水(↓)オロモウツの噴水の中では一番大きいもの。
b0141240_20531049.jpg
すぐ横には2017年5月時点絶賛工事中の市庁舎。かつては市場だったそうです。
ネットのかかっていない部分はゴシック様式の教会の窓。後ろの塔はルネッサンス様式。
b0141240_21353764.jpg
b0141240_21354216.jpg

市庁舎を挟んだところにあるのはイルカと亀の「アリオンの噴水」。2002年に作られた新しいものです。
b0141240_21314206.jpg
日本では長寿ですがヨーロッパでは亀は知の象徴。
ここはプールのように遊んでOKなのでお子さんが遊んでます。
b0141240_20521992.jpg
b0141240_20524364.jpg
亀にはフジツボじゃなくてお顔付き。
b0141240_20524985.jpg
噴水に気を取られがちですが、目の前には世界遺産があるんだよー。正直、世界遺産て言われないと通り過ぎちゃうタイプのやつです。
これが世界遺産「聖三位一体柱」。最初、聖マリア柱や噴水群と一緒に世界遺産登録申請をしたけど認められずに再度この柱だけで申請したんだとか。
b0141240_20493572.jpg
ヨーロッパ最大のバロック様式の柱で32mの高さがあります。砂岩でできているので年々黒くなっているとのこと。中にはマリア・テレジアが礼拝をしたチャペルもあるそうです。(シーズン中のみ一般公開されます。)

ちなみに三位一体とは、(キリストの)父・子(=キリスト)・聖霊(スピリット)でキリストは神であり、人間である。ぐぬぬ、難しい。
b0141240_22514099.jpg
そして、市庁舎の裏には世界で1つだけの共産主義「天文時計」があります。
1952年に作られたもの。通常天文時計は聖人や貴族などの装飾で飾られるけどここでは労働者・農民・知識労働者のモザイクや人形を見ることができます。
毎正午になるとカラクリが動きます(約6分)。
b0141240_20534110.jpg
b0141240_20535027.jpg
b0141240_20540078.jpg

オロモウツは学生街。こぢんまりして歩きやすい。時間があったらもっと街歩きしたいと思った場所です。

珍しいガス灯とか。
b0141240_21012834.jpg
b0141240_21032009.jpg
b0141240_21005698.jpg
自撮りしたり。
b0141240_21011119.jpg
古い城壁を利用したお家。
b0141240_21013537.jpg

電車好きにはたまらないトラム車庫もあるよ。
b0141240_21014444.jpg

◆元パン工場のレストラン「Podkova(ポドゥコヴァ)」
b0141240_21020108.jpg
ランチはシダのグリーンがフォトジェニックなホテル兼レストラン「Podkova(ポドゥコヴァ)」へ。Podkvaって馬蹄って意味なのね。ここは元軍事パン工場で毎日1万人のパンを焼いていたそうです。
b0141240_21020858.jpg
b0141240_21022231.jpg
やはりランチからビールスタートです。
b0141240_21024015.jpg



チェコのレストランは料理が出てくるのが結構遅いのでランチもディナーも余裕を持っていくのが正解。料理待ちの間にSNS投稿するブロガーたち。
b0141240_21025791.jpg
こちらで注文したのはポークのテンダーロインステーキ。お肉にドライプラムがはさんであるのです。お肉は柔らかいし、甘めのソースが合う。今日のチェコごはんも大正解。(まだハズレ無し)
b0141240_21031165.jpg
住所:Koželužská 945/31 Olomouc,779 00, Czech

今回のルート↓

コグレサンによるチェコ旅動画】
2:46~2:57がオロモウツ。

Special thanks:
チェコ政府観光局(交通費・宿泊費・食費・現地のアクティビティ等負担いただいています。)
グローバルWiFi(WiFiルーターを提供いただき現地からリアルタイム発信をしていました。)
春のチェコまとめ読み→



[PR]
トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26934236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-06-19 00:06 | チェコ(2017) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)