ビール好きならプルゼニュへ行こう「ピルスナーウルケル工場見学」#チェコへ行こう #visitCzech

◆ピルスナーの聖地プルゼニュ
b0141240_21074443.jpg
チェコで一番楽しみにしていたこと=「本場のチェコビールを飲む!」
今回はピルスナービールの聖地「プルゼニュ」でピルスナーウルケルビール工場見学をします。わーい!

その前にプルゼニュの位置をご紹介。
プルゼニュはプラハからバスで1時間、カルロヴィヴァリからは2時間弱(片道約500円)で行くことができます。町が作られ始めたのは1295年、当時は森で何もなかったそうです。




◆「ピルスナーウルケル製造所」見学
やってきました「ピルスナー・ウルケル醸造所」。チェコはビールの年間消費量世界一。そんなビール大国で一番有名なブランドがこのピルスナー・ウルケル。1842年創業です。そして、ピルスナー・ウルケルは今のピルスナービールの基礎となっているビール。ここはビールの聖地なのです。
ちなみにチェコのビールはアルコール度数が低いためゴクゴクのめるのが特徴。
b0141240_21080228.jpg
ピルスナー・ウルケルのマークは醸造所の正門デス。
b0141240_21090947.jpg
b0141240_21085333.jpg
見学ツアーは大人200Kc=約1000円。
見学時間は100分と日本のビール工場見学と比べるとやや長めですね。
敷地内は広く、奥に見える水道塔の近くまでバスで向かいます。
b0141240_21110146.jpg

こちらが歴史を感じる水道塔。
b0141240_21110977.jpg

まずやってきたのはボトリングをする工場。新しくてきれいな建物です。こちらの工場ではピルスナーウルケルの他にも15種類のビールを作っています。
b0141240_21112358.jpg
b0141240_21115472.jpg

そして再びバス移動。次はビール博物館のような場所へ。
b0141240_21120967.jpg
ここは麦、ホップなどを実際に触ったり(食べたり)テーマパーク感もあり、日本のビール工場とは少し違うノリ。
b0141240_21122179.jpg

そして銅の糖化槽の部屋へ。ウイスキー工場のポットスチルみたい。ビール工場でこの銅のタイプを見るのは初めて。
b0141240_21162014.jpg

次は貯蔵庫へ向かうトンネルを降りていきます。
ずーーっと暑かったのだけどここから一気に冷える(とにかくかなり寒い)ので長袖を持っていたほうが良いです。
b0141240_21164262.jpg
迫力ある大きな樽!
b0141240_21165349.jpg
中にはビールが入ってるんだよ!蓋しないの?
b0141240_21165930.jpg

◆ここでしか飲めない無濾過のピルスナー・ウルケル!
b0141240_21171212.jpg
ここでいきなり試飲タイム!
グラスが配られ、特に紹介もなかったけどマイスターであろうおじさんが次々に生ビールを注いでくれます。(これが本当の樽生!)

じゃーん。
これがここでしか飲めないプレミア感ありありの「無濾過のピルスナー・ウルケル」。少し濁ってます。
b0141240_21172234.jpg
ナズドラヴィー(乾杯)!
b0141240_21173037.jpg
もちろん「うまい!!」。なのですがUKOARAここが寒すぎて体が冷えてしまい全力で試飲を楽しめなかったことを今になってお伝えします。は?ほんと上着必要!(あと個人的に濾過されていたほうが好き。味が全然違うよ。)
みんな大絶賛だったし、ビール好きには絶対に楽しい場所なので是非訪れてほしい!
b0141240_21173806.jpg
重いけどビールジョッキもお土産におすすめ!
b0141240_22414085.jpg
ピルスナー・ウルケル醸造所
住所:U Prazdroje 7 304 97 Plzen Czech

◆ミルクという名のビール体験
b0141240_21175509.jpg
ビール工場見学の後のディナーで入ったレストラン「U Petatricatniku」では珍しいビール体験をします。
なんと泡だけ、その名も「ミルク」。日本だったら怒られるやつじゃないか。このレストランには4種類のビールがあって泡無し・ノーマル・泡半分・泡だけ。で、これが泡だけなのです。飲んでも、うん、泡です。でもチェコのビールって泡が細かくてしっかりしてて最初はメレンゲのよう。泡を味わうということをはじめて覚えました。
b0141240_21180887.jpg

で、なぜか店員さんにサービスビアをイッキさせられていた。
b0141240_21181539.jpg

こちらも。おヒゲもできるわ。
b0141240_21182244.jpg

ここでは前菜にウトペネツというソーセージのピクルス?をいただきました。これさっぱりしてておつまみにいい!
b0141240_21182984.jpg
U Petatricatniku
住所:Riegrova 227/12, 301 00 Plzeň 3-Vnitřní Město Czech

◆プルゼニュの見所
b0141240_21191590.jpg
プルゼニュの町の見所もご紹介。
ヨーロッパで2番目に大きいシナゴーグ(ユダヤ教会)とか、プルゼニュのおへそ共和国広場の聖バーソロミュー教会。
b0141240_21193140.jpg
バーソロミュー教会には天使の柵があって、このつるっつるの天使を左手で撫でるといいことがあるんだとか。ゆーこあらもタッチ。
b0141240_21193939.jpg

◆マリオネット博物館
b0141240_21195253.jpg
チェコといえばマリオネット。
ここではマリオネットの歴史を学んだり、直接人形で遊んだり出来ます。なかなか楽しい。
b0141240_21201116.jpg
シュペイブルとフルヴィーネクという国民的キャラクター。かわいく..ない...。ジョッキのフチ子だし...。
b0141240_21201800.jpg
シュールな人形劇もしばしご堪能。
b0141240_21202407.jpg
住所:nam.Republisky23 (共和国広場前)

◆ホテルトレンドに宿泊
b0141240_21204868.jpg
プルゼニュではホテルトレンドに宿泊。少し変わった作りでなんだか旧共産主義らしさを感じてしまうのでした。やたら窓が多め。バルコニーもある!
b0141240_00590668.jpg
朝食会場のレストランにはバルコニーもあって眺めは素敵でした。
b0141240_21210144.jpg
b0141240_21210845.jpg
住所:Kovarska 13a, 301 00 PLZEN, Czech

この日のルート↓


【チェコ動画】
1:16~1:47あたりがプルゼニュの様子。


Special thanks:
チェコ政府観光局(今回の取材はチェコ政府観光局に招待いただいています。)
春のチェコまとめ読み→


[PR]
トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26907808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-06-07 00:49 | チェコ(2017) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)