フォトジェニック★砂漠アート【サルベーションマウンテン】

◆アメリカでしたいこと②「サルベーションマウンテンを訪れる」
b0141240_10241545.jpg
アメリカ旅2日目はパームスプリングスのACEホテルから車で1時間半(ロスからだと3時間)のスラブシティにある人気のフォトスポット・サルベーションマウンテンへ。今回の旅はUKOARAの行きたいところに行くプランなので、後からアメリカ行きを決めたミステリーツアー状態のメンバーは「山登りするの?」なんて言ってたんだけど。う、うん、登るっちゃ登るかもしれない。
この旅の目的その2・サルベーションマウンテンを訪れる。

この日のスケジュールはパームスプリングスからフェニックスまで↓


カリフォルニアの砂漠の中を走っていると遠くに見えてくるのがサルベーションマウンテン。
b0141240_20253666.jpg
b0141240_20254526.jpg
最近は雑誌やMV、インスタでもよく見かけるようになったので、ああ、これか!と思う方もいるのではないかしら?砂漠の中に突如現れるポップでカラフルな砂漠アートがサルベーションマウンテンです。

もうぅっ、ものすごくフォトジェニックなんだよーー!カラフル!
b0141240_23515555.jpg
サルベーションマウンテンは芸術家レオナード・ナイトが2014年に亡くなるまで、30年かけて作った作品。愛や神をテーマにした「救済の山」。UKOARAはクリスチャンじゃないので単純にアートとして楽しめます。これは写真撮りたくなるよねぇ。
b0141240_20293503.jpg
黄色い部分のみを歩いて上っていきます。
画像では伝わりませんが、灼熱で肌がじりじりしてとっても暑い...。一瞬で日焼けしちゃう。空が青すぎる。
b0141240_20300347.jpg
b0141240_20301506.jpg

サルベーションマウンテンはボランティアと観光客からのドネーションによって維持されています。所々でボランティアの方が修復をしていました。インフラの通っていないこの場所でのボランティアとはなんとも自由だし、強いし。そんな生き方もあるんだなぁ。そしてボランティアTシャツがかわいかった!
b0141240_20302985.jpg
b0141240_20303776.jpg

はい、登頂しました。頂上から見た景色。本当に周りは何もない砂漠の中のアートなのです。
b0141240_20304510.jpg

こちらはサルベーションマウンテンの隣にあるドーム状の「ホーガン」。ちょっと涼しい。
b0141240_20311832.jpg

その隣には「ミュージアム」。木で支えられている不思議な場所。こちらは未完成だったのでこれから少しずつ出来上がっていくのかも?
b0141240_20312632.jpg

レオナードが寝泊りしていたというトレーラー。
b0141240_20315357.jpg
観光情報としては、とても暑いし、全てを見るのに1時間もあれば十分です(そんなにいらないかも)。何もないのでお水は忘れずに。トイレもないけど(砂漠でそんなに行きたくならない)、車で10分ほどの場所にダイナーがあるので前後に立ち寄れます。
交通の便も悪くツアーかレンタカーで行くしかないけどとてもオススメ。(実際、前情報なく連れてこられた56歳男性が一番喜んでいたよ。)

◆Buckshot DELI&DINERでランチ
b0141240_20321779.jpg
ランチはサルベーションマウンテンから車で10分の場所にあるBuckshot DELI&DINER
b0141240_21260919.jpg
わりとイメージするアメリカンダイナーに近いです。
b0141240_20324452.jpg
お味はね、まあまあですが。
そろそろパン以外のものが食べたくなってきました。
b0141240_20403992.jpg
この辺りはスペイン語を話す人が多く、UKOARAもちょっと練習させてもらったよー。嬉しい。

◆アルゴドーンズ砂丘にやってきた
b0141240_20331189.jpg
今夜の最終目的地はフェニックス。サルベーションマウンテンからアリゾナに向かって約5時間走ります。カリフォルニアとアリゾナ(南はメキシコ)の州境で現れたのが砂漠。アルゴドーンズ砂丘だそうです。

こんな景色に出会えるとは思っていなかった!アメリカすごいや!
駐車場の白い車が我らのシボレー。
b0141240_20330301.jpg
砂丘に登ってしまう人間と登らない人間がいて率先して登る派です。おもしろいー。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の撮影もされたそうです。
b0141240_20332103.jpg
砂丘を駆け下りたUKOARAとカメラを守るために駆け下りない熊山パイセン
靴の中は砂だらけ、ザザー。
b0141240_20332712.jpg
この旅初めての給油をしたり、州警察(国境警察?)の検問を抜けたり、空がきれいだったり。そう、カリフォルニアからアリゾナにやってきたよ。
b0141240_20334912.jpg
b0141240_20335652.jpg

◆フェニックスのRED ROOF innに宿泊
b0141240_20341012.jpg
この日のお宿はフェニックスのモーテル・RED ROOF inn。モーテルってもっと古くて色あせた部屋を想像していたんだけど清潔だし快適に過ごせました。
b0141240_20341821.jpg
プールだってある!
b0141240_20345067.jpg
コーヒー・紅茶・お湯はフリー。近くにスーパーもあって、1Fロビー横のコモンペースで、買ってきたデリなど食事をしてもOK。アメリカの旅はスプーン・フォーク・ナイフ(つまりスポーク)などあると良いです。コインランドリー(クレカのみ使用可)は22時まで。
b0141240_20343197.jpg
b0141240_20344220.jpg
17222 North Black Canyon Highway, ディアー・バレー, フェニックス, AZ 85053, アメリカ
MEMO:1名 3,819円/泊
アメリカ旅まとめ読み→
Special Thanks:GLOBAL WiFi


トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26797273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2017-04-18 09:10 | アメリカ(2017) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と3にゃん。緑のコアラと旅する 元旅行会社勤務のフリー編集者兼旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30