エストニアのニットとマジパン~かわいいお土産屋さん巡り

◆エストニアのニット小物が最高にかわいい!
b0141240_20523432.jpg
エストニアはかわいい小物や雑貨がいっぱいの国。タリンの旧市街で沢山のお店を巡ってきたよ。

現地からのSNS発信で圧倒的に反応が高かったのがニット小物。
こちらはUKOARA一押しのエストニアンニットのお店Eesti Kasitoo KODU(エストニア手芸ハウス)」。クラフトショップの集まるカタリーナギルドの半地下にあります。
b0141240_20170132.jpg
このとんがりがエストニアのミトンの特徴。
b0141240_20160940.jpg
伝統的な柄は意味があり、地域によっても違いがあります。めっちゃかわいいでしょ。
しばらくこのお店でどれを買うかウンウン悩んでいました。
b0141240_20160482.jpg
b0141240_20522443.jpg

これは毛糸と型紙が入ったボックスセット。
編み物が得意ならこれで作ってみるのもおすすめ。ギフトにも嬉しい。
b0141240_20165244.jpg
日本では見られないようなカラフルなニットの編みぐるみ。
今回のツアーでご一緒したニットライターの中田早苗さんに教えていただいたのが、日本の編みぐるみは鍵編み、海外は棒編みだそうで、今まで気にしていなかったけど、なるほどなと思いました。
b0141240_20164073.jpg
b0141240_20164622.jpg
旧市街の名物「ニットの壁」。城壁沿いに沢山のニット製品のお店が並んでいます。季節を問わず1年中ニットを売っているそうです。
b0141240_08565544.jpg
b0141240_23150974.jpg
大興奮で見ていたのですが、時間がなく後で買うー。と言ったきり閉店の時間になってしまいました。悲しい。ここは他よりもお値段がお安くおすすめです。

水色のニットキャップはマフラーと一体化してておもしろいの。後ろのセーターもものすごくかわいい。(こちらのお店はクレジットカード可でした。)
b0141240_23153950.jpg
KODUで伝統的なミトン2つ(18.4ユーロ・38ユーロ)とお土産屋さんでウールのカーディガン(65ユーロ)を購入。すごくかわいいー。
b0141240_20145259.jpg

◆クラフトショップが並ぶカタリーナの小道
カタリーナの小道には工房が沢山並びます。
b0141240_09522909.jpg
木工細工のお店。
b0141240_23182699.jpg
ドールショップ。
新鋭のぬいぐるみ作家の作品が集まっています。
b0141240_23172659.jpg
かっこいいやつら。
b0141240_23142460.jpg
こちらは店内にあったウイッシュキャット。
恋愛運・金運・健康・幸運など希望の場所にコインを入れて願いを猫に囁きます。
b0141240_23160848.jpg
ガラス工房。めっちゃ美人さん。
b0141240_23175690.jpg
陶器のお店。
お魚~。
b0141240_20153022.jpg
b0141240_20154692.jpg

このカードには種が埋め込まれていて水につけておくと芽が出てくるよ。
b0141240_20155413.jpg
カタリーナギルドではワークショップも開催しています。
こちらはレザークラフトのお店でリストバンドを作っています。
b0141240_21215391.jpg

◆薬局で失恋の薬が買える?「市議会薬局」
b0141240_18502515.jpg
ラエコヤ広場にあるのがヨーロッパで最も古い現役の薬局の1つといわれる「市議会薬局」。1422年には3人目の主人が経営していたとか(地球の歩き方参照)。
b0141240_18531593.jpg
博物館のようですが現役の薬局。ディスプレイが古くて雰囲気ある。
b0141240_23192960.jpg
こんなイマドキなパッケージの保湿クリームもあるよ。
b0141240_23195990.jpg
そしてこちらが「失恋に効く薬」という名のマジパン(2ユーロ)。優しい甘さに癒されるよ。
b0141240_23185908.jpg
b0141240_21232778.jpg

◆老舗お菓子屋「カレフ(Kalev)」でマジパン絵付け体験!
b0141240_20170822.jpg
ここはエストニアを代表する老舗のお菓子屋さん「カレフ」
1864年創業のチョコレートとマジパンをメインに販売しています。日本で言う明治チョコレートのようなメーカーでスーパーでも沢山の種類の商品を買うことが出来ます。
b0141240_08141092.jpg
スーパーで買ったカレフのチョコレート(ヘーゼルナッツの板チョコ激ウマ!)。
b0141240_08545724.jpg
ずらりと並ぶラブリーなお菓子がマジパン。材料はアーモンドパウダーとお砂糖と水。以上!落雁と半生菓子の間のようなものかな。
マジパンは食べ慣れていないとちょっと食べにくいかもしれないけど、見た目はものすごくかわいいのです。
b0141240_21220159.jpg
かわいすぎるマジパンの世界。パンダの目ヤバイな。
b0141240_20151408.jpg
ミーシャとセイウチ的な?センスずば抜けてる。
b0141240_20171483.jpg
絵付けは全て手作業。これだけかわいいものが揃ってるって言うのになぜか目玉の絵付けをされている職人さん。
b0141240_21272913.jpg
シャチョーのオットー・クボさん登場。かわいい。オットー・クボさんのおすすめはマジパン入りの板チョコですよ。
b0141240_20173281.jpg
カレフで体験できるのがマジパンの絵付け。
ゆーこあらの目の前には象さんがいます。
b0141240_20174102.jpg
色付けに使うのは自然の植物の色を使った食紅。
b0141240_20174794.jpg
お手本ナシ(見ちゃダメ)で塗り始めます。何色にするか悩む...。想像力。
b0141240_20150040.jpg
b0141240_20152251.jpg
ということでももいろぞうさんになりました。イメージはエマ・ブリッジウォーター。ていうか、これ、食べられるのか?食べる気しないよ。
みんなのも揃ったよー。それぞれ個性があって楽しい。
b0141240_20175478.jpg
翌日、売り物のようにパッケージされたものを受け取りました。嬉しい!
賞味期限は4ヶ月。しばらく飾って置けます。
b0141240_20180359.jpg
実はこの絵付け体験が想像以上に集中できて楽しかったのです。これはエストニアに行ったら是非体験していただきたい!(大10ユーロ・小6ユーロ/要予約)

タリン旧市街でかわいいものを沢山見つける旅は大人女子におすすめです。

【店舗詳細】
住所:Vene tanav 12, Kesklinna linnaosa, Tallinn
住所:Raekoja plats11,Tallin
住所:Pikk street16,Tallin

フィンランド&エストニア2016まとめ記事はコチラ
エストニア政府観光局主催プレストリップにLinkトラベラーズメンバーとして参加しています。


トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26498594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2016-12-24 00:20 | フィンランド&エストニア(2016) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)