モダンフィンニッシュレストラン【GRON&Juuri(グローン&ユーリ)】でヘルシンキの今を味わおう

◆これがフィンランド最先端のレストラン「GRON」
b0141240_22342378.jpg
フィンランドに着いた日のディナーはモダンフィンニッシュレストラン「GRON(グローン)」へ。(本当はOの上にテンテン2つ。文字化け防止)
b0141240_22343148.jpg
かなりこぢんまりとしていますが地元の方で満席の人気店です。
b0141240_22355027.jpg
まずは黒パン。黒パンにはシードやレモンバーベナ風味のさっぱりした酸味のあるバタークリーム、バーベナの塩をつけます。これが美味しくて、どんどん食べちゃう。この後のことも考えてセーブしつつ。
b0141240_22365914.jpg
前菜はマッシュルームとほうれん草のパイ。パイといってもものすごく薄いタルトのような土台でパリパリしています。生のほうれん草にリンゴンベリーがのっていてクリスマスを感じさせる色合いがかわいらしい。味はマッシュルームの旨みが強くて美味しいんだけどこの上にかかっている粉(コンソメ?)がちょっとしょっぱかった。
b0141240_22370691.jpg
お次はサクサクに素揚げしたケールの下にタルタル(生の熟成牛挽肉)。前にもパリでハンバーグを頼んだら生の牛肉が出てきたことがあったので驚かないけど生肉って海外来たわーって思う。このケールがすごく新鮮な食感だった。いわゆる青汁の葉です。甘みと青みとちょっとの苦味とサクサクの食感がいいアクセントに。これ、日本でやったら流行りそうよ。
b0141240_22371209.jpg
トラディショナルなフィンランド料理も知らないくせに、もうここ、モダンすぎてこれなんだろねー。といちいち確認しながら食べます。
b0141240_22371962.jpg
b0141240_22373240.jpg
メインは菊芋(エルサレムアーティチョーク)のグリル。メインがまさかのお芋。菊芋って初めて食べました。シャクシャクした歯ごたえ。この歳になっても初めてがあるってやっぱり旅は楽しいね。みんな、パソコンの前から飛び出そう。
そうそう、このお店は大きいお皿の端っこにお料理を盛るようです。
b0141240_22365368.jpg
デザートはアップルクランブル。おいしいんだけどクランブルがすごく冷たくてホワイトチョコレートとビネガー(すっぱさ)とキャラメルソースとすごく複雑な味です。調和はとれているのかな?
ほらね、端っこに盛るんだよ。
b0141240_22372546.jpg
締めは焼きマシュマロー。なんだろう。お花的なやつ。これがヘルシンキのニューウエーヴです。
b0141240_22373748.jpg

◆サパス?タパス?イッタラ、マリメッコの食器で食事を楽しもう「Juuri」
b0141240_22381841.jpg
2日目の夜にやってきたのは「Juuri(ユーリ)」
レンガ造りの建物はワインセラーにもなっていたり、ビールの醸造もしています。
b0141240_22383546.jpg
窓の無い地下室は隠れ家のよう。
b0141240_22382787.jpg
ここではなんと、イッタラやマリメッコの食器で食事が出来ます。グラスとピッチャーはイッタラ。みんな違う色のグラスでかわいい。フィンランド(北欧全般)はタップウォーター(水道水)を最初にサーブしてくれるので日本人にはありがたいし、普通にお水は美味しいです。
b0141240_19014393.jpg
お酒はVALSSIラガービール。まさかの黒ビールだった!これ美味しい!8.5ユーロ。
b0141240_22390247.jpg
ayanさんの注文したシードル。結構ドライ&すっぱいです。
b0141240_22391238.jpg
ここのお店は小規模生産の農家と契約をしている地産地消のお店。そして、珍しいのは小皿料理のタパス。ではなく「サパス」で料理が提供されます。(フィンランド語でフィンランドはSumoi。そのSをもってきてサパスなんだって。)

まずはお通し的な一口サイズの生のサーモン?。これもですね、ニューウエーヴですよ。美味しいけどモダンすぎて他の材料がわからない。
b0141240_22392181.jpg
2種類のパンと北欧のパリパリのクラッカー的なあれ。そしてオイルペーパーに包まれているのはバター。ここのバター最高に美味しくてまたもやパンを食べ過ぎちゃうやつ。危ない。
b0141240_22392700.jpg
サパーッスいろいろ。魚と野菜多めです。昨夜と同じく皆さん首をかしげながら食べています。美味しい美味しくないの問題ではなく、なんだかよくわからないというのが正直なところ。極東の人間からすると不思議な味のものが多いです。
b0141240_22393737.jpg
普通のものキター!極東イワナ。サーモンに似ています。皮がパリパリでおいしい!
イクラ的な魚卵がのっていたり、これは何を食べているかわかるよ。安心安心。白米欲しくなっちゃう。
b0141240_22395579.jpg

そしてデザートはブルーベリーソースと山羊チーズのアイスクリーム。UKOARA山羊ミルクが苦手だったことを伝え忘れてました。(チーズは発酵具合によっては大丈夫なんだけど、発酵が浅いのは無理だ。すんません。)
b0141240_22400366.jpg
食後のコーヒーとティーはマリメッコのカップで。かわいい!!!
b0141240_22401057.jpg
この薄い色はホワイトティーというもので、フィンランド(エストニアも)で「ティー」をオーダーするとかなりの確立でこの色の薄いホワイトティーが運ばれてきます。味もハーブティーとかフルーツティーなど。
b0141240_19012701.jpg
ということで、トラディショナルを知らないフィンランド初心者なので比べようがなく、なんともあれなのですが、どちらのお店も居心地良いし、店員さん親切だし特にJuuriは食器も嬉しいのでヘルシンキに来たらぜひ。
UKOARAのありつけなかったトラディショナルなものと比べみてくださいー。

【店舗詳細】
住所:Albertinkatu 36

住所:Korkeavuorenkatu 27
各店の営業時間は公式サイトからご確認ください

フィンランド&エストニア2016まとめ記事はコチラ
エストニア政府観光局主催プレストリップにLinkトラベラーズメンバーとして参加しています。


[PR]
トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26478363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2016-12-16 00:42 | フィンランド&エストニア(2016) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)