ブルガリアには誰も見ることができない世界遺産があってだな「トラキア人の墳墓」(ブルガリア2016#9)

◆誰も見ることができない世界遺産「カザンラク・トラキア人の墳墓」
b0141240_22104419.jpg
バラ祭りの開催地カザンラクには誰も見ることのできない世界遺産があります。
トュルベト公園にある「カザンラク・トラキア人の墳墓」。紀元前4世紀後半から紀元前3世紀頃のトラキア人の墓の天井に描かれたフレスコ画です。1944年に発見され、1979年に世界遺産に登録されました。

ただ、この世界遺産、現在は誰も見ることができません。
本当はこの小屋の中にあるのですが、保存状態を守るために中に入る事ができません。え?
b0141240_22104862.jpg
2016年現在見れるのはレプリカ。
世界遺産のすぐ近くにセンターがあります。
b0141240_22103225.jpg
細い通路を進むと、
b0141240_22105439.jpg
b0141240_22105774.jpg
ドーム状の天井にフレスコ画が現れます。
b0141240_22110709.jpg
b0141240_22595283.jpg
紀元前4世紀後半でこのタッチの絵を描いていたなんて。
b0141240_22111544.jpg
b0141240_22112138.jpg
で、で、で、でもー。
正直レプリカ見ても嬉しくない...。
ここはブルガリア政府が頑張って本物を見せられるようにしてほしいですね。

【カザンラクの墳墓】
ブルガリア・オフィシャル観光サイト:

◆じゃあ、本物の古墳をどうぞ「シュシュマネツの墓(寺)」
b0141240_22112964.jpg
カザンラクには遺跡が沢山あります。
こちらはシュシュマネツの墓(Temple in mound Shushmanets)。
紀元前4世紀頃に作られたトラキア人の墓。(トラキア人はいっぱいいます。)
b0141240_22120431.jpg
柱の奥には棺(ベッド?)が。
b0141240_22123431.jpg
この扉も入り口にあったものだそうです。
b0141240_22120693.jpg
◆トラキア王「セフト3世(セウテス3世)の墓」
b0141240_22124130.jpg
次にやってきたのは2004年に発見されたトラキア王セフト3世の墓。
紀元前5世紀頃のお墓です。今でもこのあたりでは古墳がぽこぽこ見つかっているのです。
b0141240_22125411.jpg
セフト3世さん。
b0141240_22131713.jpg
偉い人のお墓は玄関があって玄関からは馬の骨が見つかって、中はドーム状のものが多いようです。
b0141240_22130280.jpg
古墳ガールや遺跡ファンにはたまらないのでは?

ブルガリア記事まとめ読みはコチラ
(※ブルガリア共和国観光省×たびねす主催FAMツアーに招待いただきました。)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ゲタイ族と黄金遺宝 [ ディアナ・ゲルゴヴァ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/9/20時点)



[PR]
トラックバックURL : http://nyacchi.exblog.jp/tb/26210987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 55nyatta | 2016-09-20 23:20 | ブルガリア(2016) | Trackback | Comments(0)

UKOARA(ゆーこあら)です。旅の記録と2にゃん(ニャッタは立派に旅立ちました)。緑のコアラと旅する元旅行会社勤務のフリー編集者兼ぬい撮り旅ブロガー。スペイン語が好き。同じ国に何度も行く習性があります(現在やっと21カ国。量より質重視。)。招待されても本音しか書きません。旅のご参考にどうぞ。


by UKOARA(ゆーこあら)